お洒落だけじゃないサングラス活用法

『サングラス 運転』 最新ツイート

@kki_rise

「あいつは車の運転がうまいんだ」とか「壊れたテレビも5秒で直せる」とか「サングラスのセンスがイカしてる」とか「強い」とか、相棒を表す褒め言葉が小学生男児並みのリック

20分前 - 2019年10月19日


@Key_saranghae

バスの運転手サングラス着用に吹いたwww そこなー、忘れてたけど異様やっし。 本当に地名が難解! 北谷、謝苅は初級編 仲村渠、手登根、瑞慶覧、東風平…←読み方可愛いやつ 思い出していたらまた沖縄行きたくなった。 https://t.co/ZUA7Kxalni

2時間前 - 2019年10月18日


@kontak_redstart

早番帰りの運転も眩しいのでドツきサングラス作るか...

3時間前 - 2019年10月18日


車の運転をするときにサングラスを掛けて日差しから目を守ろう

サングラスは、日差しを防いだり、日焼けを防止するために使われ、ファッションアイテムの一つとしても好まれています。
日差しが眩しいと外の景色が見づらく、目からも紫外線が入るので体に悪影響があるので外出時に持っていると安心です。
海外の人にとっては瞳が光に弱いので、日中外出するときは季節を問わずサングラスを掛けている人もいます。
日本でも、車を運転するときにはサングラスを掛けた方が、日中の周囲を見渡すのに使えます。
日差しが眩しいと目を細めてしまって運転時に周囲への注意力が鈍るので、安全のためには日差し対策をした方が安全です。
車にはサンシェードが付いていて、日差し除けになってフロントガラスとサイドに移動できますが、サンシェードにプラスすることで目を細めることなく周囲を確認できます。
偏光タイプや色の濃さが違うもの複数持って使い分けたり、スポーツタイプのデザインはサイドの柄が太く作られているので横からの日差しを防げます。

知っておきたい、運転に適したサングラスの基礎情報

一般的なサングラスの実用的な機能としては、目に見える眩しい光(可視光線)や、目に有害とされる紫外線(UV)を軽減するものが多く見られますが、とくに運転に適したタイプのものは、一般的なものとくらべてその目的や機能が異なります。
運転用として最近注目されているものに「偏光レンズ」と呼ばれるレンズを使ったタイプがのものがあります。
この偏光レンズは、道路や建物などに乱反射することで発生する「反射光」と呼ばれる光を軽減することにより、視界をクリアにしたり、疲れを軽減する効果が期待できるものです。
一般的なサングラスは光の量を軽減することはできますが、この反射光をカットする機能はありません。
また、偏光レンズタイプは夜間の使用には基本的に適さないとされていますが、夜間でも使用可能な偏光率の低いものもあります。
さらに夜間使用の運転用サングラスについては、対向車のヘッドライトの眩しさを軽減するタイプのものなどがあります。

pickup

しみを神戸で治す

Last update:2018/4/6

Copyright © 2015 お洒落だけじゃないサングラス活用法 All Rights Reserved.