お洒落だけじゃないサングラス活用法

『サングラス 傷』 最新ツイート

@sansanoasis87

記憶というものは 柔らかいヒフに 残ってるかすかな 傷みたいなものさ 青いサングラス/SHERBETS

11時間前 - 2019年07月22日


@5010rog_jsfmn

@myikaTL 店長顔の傷が気になるからゲソも垂らしてる(もとはちょんまげスタイルだった)し家以外では絶対サングラス外したがらないしだったりする(家のメンバーの前でだけは普通に外すし隠したりもしない

14時間前 - 2019年07月22日


サングラスに傷を付けずに長持ちさせる方法

サングラスも眼鏡などと同様に長期間使っていますと、落としたり擦れたりして傷を付けてしまうものです。
もし、傷が付いてしまった場合には、自分で修復するかや業者に依頼して修復するという方法もありますが、費用も高くなり結局は捨てることになってしまいます。
ですので、修復方法ではなく、サングラス自体を長持ちされる方法について説明します。
長持ちさせる方法として、取扱いにも特に注意を払う必要があります。
まずは、置き場のついてですが、使用していない時には毎回入れ物に入れるなどして、レンズ部分が床や机などに接触しないようします。
また、素材がプラスチックですので熱に弱く、風呂場などでは使用しないようにしてください。
さらに、レンズを拭く際にも水もしくはアルコールをつけたティッシュなどで軽く拭き、その後に水滴が全く残らないように柔らかい布で拭きます。
中には、水分を含まないティッシュで水も付けずに拭く方もいますが、場合によってはレンズにほこりや傷を付ける要因となりますので、サングラスを長持ちさせるならばやめた方が良いです。

サングラスのレンズに傷が付く原因と予防法について

サングラスは強い日差しから瞳を守るために用いる保護用の眼鏡の一種で、遮光性を持つレンズを用いることで光の刺激を軽減する効果があります。
一般的に黒色のレンズが用いられていますが、近年ではファッション性を重視する目的で視力矯正に用いる普通の眼鏡と同様に透明のレンズを使用したサングラスも普及しています。
取扱いに関してはレンズに傷が付かないように注意する必要があります。
眼鏡のレンズは付着したゴミが擦れることによって表面に傷が発生します。
そのため、こまめにレンズの洗浄を行い、ゴミの付着を防ぐ工夫を施すことが大切です。
ゴミの付着を防ぐ薬剤が添加されている洗剤を使用することで毎日のお手入れを簡略化することが可能です。
また、サングラスを購入する際はレンズに傷が付きにくいコーティング加工が施された物を選ぶように心がけます。
レンズは一度破損すると修復ができないので、毎日の使用の際には丁寧に扱うことが長持ちさせるための条件になります。

check



最終更新日:2019/7/12

Copyright © 2015 お洒落だけじゃないサングラス活用法 All Rights Reserved.