お洒落だけじゃないサングラス活用法

『サングラス 曇り』 最新ツイート

@kireiwoman

売れているサングラス!見落としがちな目の紫外線対策のポイント★ 【曇りや雨であっても油断は禁物!】 薄曇りのときでも快晴の80%、曇りで60%、雨でも30%の紫外線量が!また雲の切れ目から太陽が出ているときは、雲からの散乱光が加わるため快晴よりもさらに紫外線が強くなることが!

6時間前 - 2019年08月18日


@sekka_xxx0506

サングラスしてると、曇り☁️に見えるから汗かきにくくなるとかそんなことある?

19時間前 - 2019年08月18日


@Lowe_goron_bot

∑∥:3[___] 劾あのさ、そのサングラス…曇り防止か!?

21時間前 - 2019年08月17日


サングラスに曇りを発生させないための工夫について

サングラスは急激な気温の変化に晒されるとレンズに曇りが発生して視界が狭くなることがあります。
レンズの曇りは空気中の水蒸気が付着することで発生しやすくなるので、レンズに予め水蒸気が付着しにくいようにコーティング処理を施すのが最も効果的な予防法です。
市販の眼鏡用洗剤にはコーティング効果がある成分が含有されている物があるので、上手に活用することでサングラスの視界を良好に保つことが出来ます。
また、レンズに曇り止め加工が施されているサングラスを購入するのも視界の悪化を防ぐための心得の一つです。
眼鏡のレンズは気温の影響を受けやすいので僅かな温度変化でも水蒸気が付着して視界が悪化します。
そのため、日頃からレンズが曇らないように温度管理を徹底するなどの予防策を講じることが大切です。
また、時間が経つとコーティングの効果が無くなってしまうので定期的に洗剤や専用の薬剤でコーティングを施すことが視界を維持するための条件になります。

視界を妨げるサングラスの曇りを防ぐ方法について

サングラスの曇りは、視界を妨げる原因となってしまうため、しっかりとした対策を行っていくことが重要となります。
利用できる対策は様々となっていますが、自分で行っていける対策やレンズに加工を施す対策などが存在しています。
自分で行っていける対策としては、専用の曇り止めを利用する方法があります。
この方法では、専用の薬剤をレンズ部分に塗布したり、スプレーで吹き付けるだけで対策を行っていくことができるため、気軽に利用していけます。
その他の方法として選択肢となるのが、レンズに加工を施す対策となっています。
レンズに加工を施す場合には、特殊なコーティングを行ってもらうことによって、曇り止めの効果を実現できます。
自分で薬剤の塗布などを行わないでも対策を行っていけるため、レンズが曇ってしまいやすい料理人などの職業に就いている場合には、高い効果を発揮します。
このように、サングラスを安心して利用するために、様々な対策を行っていくことが可能です。

Favorite

アリバイ会社に審査対応を依頼する

2018/10/4 更新

Copyright © 2015 お洒落だけじゃないサングラス活用法 All Rights Reserved.